47都道府県制覇の旅~since2018~

現在、1都市制覇!

次の行き先は「富山県」です。

今までの旅の軌跡はコチラ

鴨川シーワールドホテルに泊まった感想(旅行記) 子連れ旅行におすすめポイントはココ!

千葉

鴨川シーワールドへ家族で遊びに行った際に、鴨川シーワールドホテル
に宿泊しました。
鴨川シーワールドに行くならぜひとも合わせて泊まるべき特典の多いホテルです。
小さな子供を連れて行ったので隣接ホテルに宿泊して本当によかったと思いました。
ファミリー旅行におすすめのポイントなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

鴨川シーワールドホテルは子連れファミリーに優しいホテルです

私たちが鴨川シーワールドホテルに宿泊したのは、長男3歳・長女3ヶ月の時です。

こんなチビッコ二人を連れての旅行となれば、荷物は多いし、目的地(鴨川シーワールド)への移動距離はできるだけ短い方がいいかなと思って鴨川シーワールドホテルを選びました。

娘にとっては初めての(宿泊込)旅行デビュー。
鴨川シーワールドホテルを選んでよかったポイントをまとめます。

到着日から出発日までの入園パスポート付き

鴨川シーワールドホテルに宿泊すると、滞在中何度でも鴨川シーワールドに入園することができます。
今回は1泊2日でしたので到着日&出発日2日間の入園パスポートが付いてきました。
ホテルチェックイン時に部屋番号と名前・人数が書かれた首から下げるカードホルダー状のパスポートをもらえます。

大人の入園料金は1日券2800円ですからね・・。それが2日分。(めちゃめちゃお得~☆)

もちろん入退園は自由。ホテルからシーワールドへはホテルからの専用通路を通って徒歩1分。
何度でも出入りOKなので、大きな荷物は部屋に置いて最小限の荷物だけでシーワールドに行くこともできます。

宿泊するので「今日はイルカのショーだけ見ようね♪」など到着日に少しだけ楽しみ、翌日につなげる贅沢な楽しみ方も可能。

子連れで行くと荷物は多いし、お昼寝タイムだったり、疲れてぐずったりしてちょっと休憩したくなるってよくありますよね?
隣接ホテルなら荷物も最小限、疲れたらすぐに戻れるのは助かります。
時間に追われないっていいですね。

連泊する場合は朝から出かけて疲れたらホテルに戻り、お昼寝した後また入園なんていうのもアリかと思います。

さらにホテル宿泊者は専用駐車場に車を停められるので一般の駐車料金1000円も無料なところも嬉しいポイントです。

子供向けのサービスが充実



①和室のお部屋

子供と行く旅行では、和室のお部屋を選ぶようにしています。
ベッドだと落ちたら危ないし、ハイハイやねんねの時期は畳の方が安心。

②子供用備品が充実

【客室内備品】
・子供用補助便座
・洗面台前の踏み台
・子供用歯ブラシ(いちご味の歯磨き粉付)
・子供際用浴衣
・子供用スリッパ
【客室外のサービス】
・お風呂やエレベーター前にあったおむつ専用ゴミ箱
・食事時にかわいい絵柄のエプロン提供
・お風呂のベビーバス
・お風呂で遊べるベビー向けおもちゃ
・ベビー用バスチェア
・ベビー用ボディソープなど

小さい子連れのママには助かるグッズが各所に用意されていました。
もうね、我が家のような赤ちゃん連れのママが宿泊すること前提なんじゃないか・・ってくらい至れり尽くせり。

食事もおいしくて親子ともに安心・満足

食事は朝晩ともにバイキング形式でした。
レストランには子供用のイスはもちろん用意がありますし、ベビーカーも持ち込みOKなので、まだねんねしかできない赤ちゃん連れでも大丈夫です。

大人だけの旅行なら順番に提供される料理をゆっくり頂きたいものだけど、そういうところはちょっとこじゃれたメニューが出てきて子供の口に合わなかったり、3歳児だと量が多くて食べきれなかったり。。

子連れの場合はバイキング形式が助かります。
和洋中揃っていて、内容もボリュームも満足いくものでした。

※朝食の焼きたてクロワッサンはおいしいのでぜひ♪
(朝は和食派でしっかりご飯も食べたのに焼きたてにつられてパンも食べちゃいました。。。)

子供用のお皿はかわいいシャチの絵柄のものが用意されていて、同じくシャチの絵柄のビニールエプロンも用意されてました。
エプロンは持参していましたが、せっかくなのでシャチのものを子供につけてあげました。
こういう心遣い助かります。
息子も好きなものを好きなだけ食べて満足♪

月齢に合わせた離乳食もバイキングメニューにあったので(オーダー制)、まだ幼児向けのご飯は食べられないなぁ~という離乳食期の赤ちゃんでも安心ですね。

レストラン併設のキッズコーナーは家族の味方です

さらにゆっくりしたいパパママ向けに、食事会場に隣接してキッズコーナーがあります。

食事の時間帯は係の方がいて、子供たちの様子を見てくれているので、早く食べ終わった子供はそっちで遊び、親はゆっくりと食事ができます。(2歳未満は親の付き添いが必要)
ウチの息子は大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんがたくさんいるから行かない・・とせっかくのサービスを利用しませんでしたが・・。

時間によってはシーワールドのキャラクターが遊びに来てくれたりすることもあるみたいです。

キッズルーム隣に授乳室&オムツ換えベッドがあります。
食事の途中で子供の授乳やおむつ替えのために1回部屋に戻らないといけない・・なんてこともなく助かりました。

授乳室には2人まで座れるソファーとベビーベッド、そしてオムツ換えベッド&ゴミ箱がありました。
オムツ換えベッドは授乳室内にあるので利用はママ限定となります。
うちも食事の最中で娘の授乳時間となってしまい、利用させて頂きました。

宿泊者特典もお見逃しなく

鴨川シーワールドの目玉のひとつは「動物とのふれあい体験」です。

鴨川シーワールドを効率よく!おすすめのまわり方
鴨川シーワールドに行ってきました。 鴨川シーワールドといえば屋外のパフォーマンスが充実している...

本来パーク内でチケットを購入したり、混雑時は事前に整理券が必要だったりするようだけど、これが鴨川シーワールドホテル宿泊者限定で事前抽選に参加することができました。

ホテルチェックイン時に希望者は抽選用紙に記入して提出するだけ。
当選すれば、事前に希望のふれあい体験を選ぶことができます。
(我が家は残念ながら外れてしまいました・・・)

あと、私たちが宿泊した日は夜のシーワールド探検(有料)もありました。

夏なら屋外のプールにも入れるようなので、より楽しみが広がりますね♪

子連れでシーワールド行くならシーワールドホテル宿泊が楽チンです

子連れ旅行ではスケジュールに余裕をもってプラニングしておくと、ゆとりをもって楽しむことができますよね。
鴨川シーワールドは1日でももちろん十分に楽しむことはできますが、私たちはゆっくりと過ごしたかったので、鴨川シーワールドホテルに宿泊することにして正解でした。

いろんなセットプランもあるようなので、家族の目的に合った宿泊プランが見つかるといいですね。

母

子連れファミリー旅行なら鴨川シーワールドホテルおすすめです!