47都道府県制覇の旅~since2018~

現在、3都市制覇!

次の行き先は「鳥取県」です。

今までの旅の軌跡はコチラ

子連れ潮干狩り!必要な持ち物リスト・子供の準備対策まとめ

旅の情報

先日子供を連れて家族で潮干狩りに行ってきました。

子供にとって、自分であさりを採るということ以外にも、海の生き物を見つけたり楽しい思い出になったようです。

しかし小さい子供連れてのレジャーとなれば、事前の持ち物準備や対策が必要です。

今回、我が家が持って行って良かったもの、こうすればよかったなぁ~などを紹介します。

スポンサーリンク

潮干狩りに必要な持ち物リスト

なくても大体のものは現地に売っていることが多いものですが、事前に用意しておいた方が安心ですね。

潮干狩り用の熊手


必須アイテムです。
現地でも購入できることもありますが、最低限くまで位は事前に人数分用意してから行きましょう。

網がついているものが断然使いやすいです。
子供にはお砂場で使えるようなプラスチックのもの方が安全な気がします。


小さい子ならそんなにがっつりあさりを採ることができないので、普段のお砂遊びの道具で十分です。

母

大人も子供も1人1つ熊手は必要です。

あさりを入れるネット


採ったあさりを入れるのに便利です。

目の粗いザルでも代用可能。

持ち帰り用のあさりの料金が重量制で超えてしまうのが心配な場合は、現地で売ってるネット(これ1杯までいくらというもの)を購入してもよいかと思います。

母

ネットがあれば採ったそばから、あさりと砂を分けることができるのであると便利。

バケツ

採ったあさりの選別やあさりを洗ったり、現地での砂抜きに使えます。
あさりを入れるネットじゃなく、バケツに直接入れてもOK。(ただし砂も一緒に入ってしまいますが・・)

蓋つきの物を持っていけば持ち帰り時にも便利です。

軍手

貝殻で手を切らないように。爪に泥が入り込むのも防げます。

母

正直なくてもなんとかなります。

あったら便利。

用意するとしても大人の分だけで十分です。

持ち帰り用の容器

帰宅までの道のりが長時間になるようならクーラーボックスがあるとよさそうです。
なければお弁当などを入れる保冷バッグなどでも代用できます。

蓋つきのバケツがあればそれで充分かも。

マリンシューズ

ビーチサンダルは大人ならよくても、子供にはおすすめしません。

子供は足から浮かないものがおすすめ。
水の中に入って歩くのにビーチサンダルだと子供はちょっと危ないです。

素足は貝などで足を切ってしまう恐れがあるのでちゃんとマリンシューズを履くことをおすすめします。

長靴の子供たちもいましたが、子供が水遊びなどをして海水が長靴の中に入ってしまうと後が悲惨。

我が家の子供はあさりを採ったあと、走り回って遊びましたので水陸両用のシューズがよいと思います。

母

我が家は子供にはcrocsを履かせました。

▶▶クロックス公式オンラインショップ

日焼け止め

大人も子供も必須です。

下をむいて作業しますので首の後ろも忘れずに塗りましょう。

子供には優しいタイプの物を使ってあげたいです。
ウォータープルーフタイプだと安心。

母

日差しが強いので塗り忘れがあると大変。

絆創膏

手や足を切ってしまった時にあると安心。

着替え

子供は濡れます。

あさりを採る以外に水遊びや砂遊びもするので着替え一式(下着も含め)必須です。

大人は大丈夫だろう・・などと油断せずに大人の分も念のため持っていくと安心です。
(夢中になってあさりを掘っていると気づいたら裾が濡れていたり、子供のとばっちりを受けることがあるため)

息子はTシャツ+下は水着(下着(パンツ)なし)で行かせました。
水に入ったわけでもないのに戻ってきた頃にはなぜか砂だらけ&おしりまでびしょ濡れ・・・
あらかじめ水着で行かせて正解でした。

母

浜風が強く肌寒い場合もあるので羽織り物も持っていくとよいですね。

お砂場セット(子供用)

子供があさりを採るのに飽きた時用に。
お砂のカップで何か作ったり、ヤドカリとか海の生物を捕まえて入れたり、あると何かと使えます。

あと、子供が自分で採ったあさりを入れるには子供用のお砂場バケツくらいのサイズは使いやすかったようです。

母

幼児以下の子供と一緒に行くなら子供用のお砂場セットがあるとよさそう。

飲み物・食べ物

「ママ~。喉渇いた~」「おなかすいたー」
子連れでお出かけのお約束ですね・・。

熱中症対策にも水分は絶対必要。

真剣にあさり捕獲活動(笑)をしていると、予想以上の運動量でおなかもすくので食べ物も持っていくとよいと思います。

テント

子連れお出かけのお約束ともいえるポップアップテント。

テントを張ってもよい場所なのかあらかじめ確認が必要ですが、
疲れた時の休憩、日陰スポット確保、風よけ、荷物置き、着替えなど、あるのとないのでは快適度が大きく違います。

イス

しゃがんだまま長時間、あさりを掘るのがツラい人向け。

水にぬれても大丈夫なイスに座ってあさりを収穫している人もいました。

バケツをひっくり返してイスにするのもよいかも。

ビニール袋

濡れた着替えを入れたり、ゴミをまとめたりかさばるものではないので数枚持っていくと便利。

タオル

濡れた体を拭くにも、洗った後の足を拭くにも、寒い時に巻くにも、日焼け防止に恥を捨てて首に巻くにも・・w

1人1枚は用意しておいたほうがよいです。

空のペットポトル

海水をくんで持ち帰ります。
海の水で砂抜きをするとあさりの砂抜きがうまくできます。

まとめ

子供と一緒に潮干狩りって何かと荷物が多くなりがちですね。

我が家も1泊旅行に行けちゃうんじゃないかってくらいの荷物量でした。

以上、子供と一緒に潮干狩りに行くときに持って行った方がよいもの・あると便利なグッズリストでした。

参考になれば幸いです。

旅の情報
スポンサーリンク
フォローする
このブログ書いてる人
ナツ

夏生まれ。季節の中では夏が好き。
千葉県在住

趣味:旅行
カメラ(初心者なので勉強中)

2018年~家族で日本47都道府県制覇の旅を始めました。

詳しいプロフィールはコチラ

フォローする
47都道府県制覇☆旅記録